ミッション
「若いエンジニアがわき水がごとく次々と生まれ育ち、
活躍する社会システムの構築」

行動
「地元から世界で活躍するエンジニアを誕生させよう!」を合言葉に、
地元企業の商品開発力の向上と、エンジニアの育つ環境の構築を目指します。

時代認識・背景
•エンジニアが活躍できる時代にもかかわらず、目指す若者が少ない
•地方では、先進技術に触れられる機会が少ない
•3Dプリンタに代表されるものづくりのデジタル化により、
 試作コストが低下し、納期も短縮されている。
 考える前に作ったほうが有利な時代になっている
•デジタルデバイスは、新しい技術が矢継ぎ早に登場しており、
 新商品の開発に欠かせない要素となっている
•オープンハードウェアの波が、
 企業の商品開発に大きな影響を与えている